レッドケン

平成5年開店 アジアアロワナ専門店 レッドケン



平成5年開店 アジアアロワナ専門店 レッドケン

Level1〜3の色彩

血紅龍の色彩について





売約済
コレいいやん!Level2血紅龍









売約済
上Level12血紅龍








Level1.5血紅龍



Level1.5血紅龍の注文




売約済
ゴールデンヘッド過背金龍F








売約済
ゴールデンヘッド過背金龍19






昔風過背金龍



昔風過背金龍の注文




藍底タイプ過背金龍



藍底タイプ過背金龍の注文




売約済
ゴールデンヘッド過背金龍









売約済
[16'-23] おデブな血紅龍







[16'-30] Level2血紅龍






[16'-31] Level2血紅龍






[16'-28] Level1血紅龍








[16'-20] 上Level2血紅龍










[16'-17] 上Level2血紅龍








[16'-08] Level2血紅龍





63cm前後 Level1血紅龍






[16'-11] Level1血紅龍








[15'-26] 上Level2血紅龍






[16'-16] 完品Level2血紅龍






[16'-12] オススメLevel2血紅龍






[16'-09] 過背金龍





売約済






売約済








 [15'-23] ちょっと上行く上Level2血紅龍 
 今後の赤さは貴方次第♪ 
 33cm前後 
 240,000円(税込み) 
登録票番号 140-005761

 津市マニア様 売約済 

 良い感じの1匹です 

レベル1から比べると色質にややオレンジを感じるのは否めませんが
現状のガラス水槽での飼育でこの濃さならブラック水槽ならまだ濃くなるでしょう。
まずまずの光沢を見せており、発色の仕方も悪くありません。
おすすめいたしますよ〜^^

どんなに美味しいお肉を買ってきても焼き方やタレをミスれば台無しとなります。
レシピはお教えいたします、貴方の腕の見せ所です^^
これも血紅龍飼育における醍醐味なんですよね〜〜。

※世の中の血紅龍全て、固定色を持った個体は実在しません。
カーレースで言うなら走り方、アロワナの場合なら、つまり飼い方が大切です。
当社はその個体の馬力を見抜き最高速を判断しているつもりです。
そして最高の走り方をして最高ラップを狙うのです。
また、20年以上変わらず、ファームには拘りを持っておりません。
ですのでインドネシア・マレーシア、シンガポール、色々なファームの魚が混在しております。
「よぉ〜走りそうやな〜」って個体を選別して入荷させている訳です。

当社の選別力と走行テクニックで最高ラップを狙ってみませんか。

 満足お届けいたします 








[15'-17] 濃金ゴールデンヘッド過背金龍 
濃い金色してるじゃん♪ 
25cm前後 
登録票番号 150-001494
 京都市F様 売約済 

ゴールデンヘッドなのに濃い金色してます

フラッシュありとフラッシュ無しで撮影いたしました。
過背金龍の幼魚時に大切な光沢をしっかりと放ちながら、
エラぶたに現れる金色はかなり濃いです。
近年クリーム色個体が多い中、これは期待していいんじゃないでしょうか!!
目ダレなし・かみ合わせ良好です♪

 濃金をお届けいたします 

フラッシュあり↓


フラッシュ無し↓






[15'-22] まだまだ荒削りなLevel1血紅龍 
これから開花してゆきます♪ 
 35cm前後 
登録票番号 140-004302

広島県マニア様 売約済 

資質の高さを感じる1匹です 

エラぶたの厚みをもった発色は上質の証。
また魚がターンするときに見せる鱗底の光沢は今後飼育環境次第でグングン光ってくるでしょう。
当社自信を持っておススメいたします。

どんなに美味しいお肉を買ってきても焼き方やタレをミスれば台無しとなります。
レシピはお教えいたします、貴方の腕の見せ所です^^
これも血紅龍飼育における醍醐味なんですよね〜〜。

※世の中の血紅龍全て、固定色を持った個体は実在しません。
カーレースで言うなら走り方、アロワナの場合なら、つまり飼い方が大切です。
当社はその個体の馬力を見抜き最高速を判断しているつもりです。
そして最高の走り方をして最高ラップを狙うのです。
また、20年以上変わらず、ファームには拘りを持っておりません。
ですのでインドネシア・マレーシア、シンガポール、色々なファームの魚が混在しております。
「よぉ〜走りそうやな〜」って個体を選別して入荷させている訳です。

当社の選別力と走行テクニックで最高ラップを狙ってみませんか。

 満足お届けいたします 








[15'-19] ちょっと上行く、上レベル2血紅龍A 
今後に超期待♪ 
38cm前後 
240,000円(税込み) 


 秋田県マニア様 売約済

パッと見て、おっ!えぇ〜やん♪って感じる血紅龍です

特筆すべき点は鱗底の光沢に滲むように発色する鱗ですね。
うまくいけば[15'-08 血紅龍]のように発展する可能性も秘めております。
今後の飼育の仕方次第で夢は膨らみます♪
血紅龍飼育における醍醐味ですね〜〜。

※ほんの少し目ダレが確認できます。
※黒目に僅かに白い点が入っていますが、実際は画像より少なく見えます。
その為、価格を控えております。
 満足お届けいたします 










[15'-18] ちょっと上行く、上レベル2血紅龍 
今後に超期待♪ 
45cm前後 
480,000円(税込み) 
登録票番号 130-000905

広島県マニア様 売約済

パッと見て、おっ!えぇ〜やん♪って感じる血紅龍です

特筆すべき点はエラぶたから発色する仕方が、一般個体とは一線を画いております。
いわゆるスプレーを吹いたような一般的な血紅龍はこの血紅龍のようには写りません。
まるでペンキを落としたかのように見えると思います。
将来の色彩判断(車で言うなら馬力ですね)をするのに大切です。

また鱗底における青紫色の光沢がさらにこの血紅龍に美しさをプラスしています。

ほんの少し目ダレは確認できます。

 満足お届けいたします 







 [15'-15] アルビノ過背金龍
完品♪ 
30cm前後 
登録票番号 150-001679
 売約済 

あまり見かけることの無い完品状態のアルビノ過背金龍

この類の希少個体は、まず完品であることが重要。
美しさはアルビノですから語るまでもありませんが、
安いからといって凹みや歪み等のある個体を飼育しても
ステータスに欠ける部分がございます。
目ダレ・顎ズレも出来れば無しがよろしい。
本個体は乾燥飼料・冷凍エサでも、何でも食べる個体。
気難しくなく容易に飼育できる点に今後の完品状態が続く可能性を強く感じます。
怯えが入っている個体に多く見られる、下に座ったり、
隅でじっとして泳がない魚は目ダレや成長不良の最大の原因。
おおらかな性格であると言うことも本当に大切です。

 超希少性をお届けいたします 






Level1血紅龍
♂60cm前後
登録票番号 020-003519

槙島町マニア様 売約済

希少価値の高い血紅龍の登場です。
特筆すべきポイントはいくつもあります。
まずは、やはり極上血紅龍に見られる色抜けした状態の元色。
これがいつもピンク色・柿色が良いと言っているピンク色に当たります。
画像では伝わりにくいかもしれませんが、決して金オレンジや黄色ではありません。
現在底面も背面もオールクリア水槽にて飼育しております。
ブラック水槽に移行すれば一気に赤くなるでしょうが、黒ずんだ赤色を私が希望しませんので、
今のこの色を楽しんでおります。
いつでもアクセルを踏めば200km/h出ると思えばそれはそれで心地よいのです。

またウロコ第一列、尻ビレの基底鱗にかけてのカッチリとした発色も極上の証と言えます。
大方の血紅龍の場合 真っ白もしくはふわっとした金オレンジが発色していますからね。
細筆を使用してペンキを塗った様な色の出方は心奮わされます。
色調整では発色しているようには見せられない部分。上質を魚が物語るのです。
このあたりの色の出方です。↓

さらにエラぶた全面発色も非常に心地よく、見ていて飽きません。
顔がごッつく、後方3ヒレも大きいためオスの要素を含んでおり、給餌量を増やし、
マメな換水で新陳代謝を上げて体型を整えれば、さぞ立派な血紅龍に。銘魚と呼べること間違いなし。

そして鱗のベタ赤な発色も好まれるマニア様も多いのではないでしょうか。
特に販売する気の無い価格設定といたしております。
店内にてその色彩・エラぶた全面発色・顔のゴツさ等、
コレクション性が非常に高い素晴らしい血紅龍であることを是非ご覧になってみてください。

これ売っちゃったら同じような血紅龍は手に入らないかもしれない1匹です。





[15'-08] Level1血紅龍 
美しい〜^〜^ 
38cm前後 

登録票番号 140-004296

亀岡市マニア様 売約済

「This is 赤」を目指して
メチャ欲しくなる美しさ 
えぇ〜血紅龍の登場です。
発色の厚み、エラぶたの銀色の光沢、色の出方、抜群です♪
特に鱗底が角度によって青紫色に輝き、一際美しさを増しています。
また頭部が深緑色の地肌に赤い発色が及んできている「This is 赤」に見られた特徴も現れており、
絶大な期待を込めなくてはいけません。

まだまだごく一部のマニア様にしか本当に赤い血紅龍を飼育されていないのが現状。
現在血紅龍はネット等で数多く回っていますが結果・・・。
レッドケンの長年の信頼と実績を以ってお届けする血紅龍にどうぞご期待くださいませ。
 満足をお届けいたします 


目ダレ無しのかみ合わせ良好個体。

肩口から5列目にかけての鱗の金属光沢にゾクゾクするぜ。

シャッターを押すたびに非常に綺麗に撮れる被写体の画像はついつい増えてしまう。

頭部に及んできている赤色の発色がたまんねぇ〜よ。




[15'-06] Level1血紅龍 
昔だったらいくらしただろ〜? 
30cm前後 
登録票番号 130-007316
兵庫県マニア様 配達にて納品完了
ありがとうございました♪ 

「This is 赤」を目指して
特に言葉は必要ないでしょう〜 
えぇ〜血紅龍の登場です。
発色の厚み、エラぶたの銀色の光沢、色の出方、抜群です♪
特にエラぶたの色の出ているところと銀色の境目に注目してください。
際が良く、まさにペンキを落としたようでしょ、
スプレーを吹いたようなグラデーションがあってはダメなんです。
ブラック水槽に入れていないから体が黒ずまず、本質が見て取れるのでは。

この先非常に期待できる1匹です。
ほんの僅かに顎ズレが確認できますが治りそうな範囲ですね。
しかし昔なら本当に80万円はするレベルです。

まだまだごく一部のマニア様にしか本当に赤い血紅龍を飼育されていないのが現状。
現在血紅龍はネット等で数多く回っていますが、
レッドケンの長年の信頼と実績を以ってお届けする血紅龍にどうぞご期待くださいませ。
 満足をお届けいたします 





[15'-01] Level1血紅龍
こんなん飼いたいんちゃう〜? 
40cm前後 
580,000円(税込み)
登録票番号 120-009996

周南市マニア様 ご来店売約済 

「This is 赤」を目指して
えぇ〜魚でしょう^。^♪ 
去年から店内で次期看板魚候補で私が暖めていた血紅龍です。
滲むように発色する鱗、出ている色質、上質の証です。
若干の目ダレと尻ビレの一番前が1本欠損したように見える欠点はございますが、
超完品を求めなければ気にならない程度。

どこどこのファームがどうだの、あそこは値段がどうだの、
あ〜だ、こ〜だ言ってもこの世界 結局は結果が全て。
旨いもんは旨いし、行列待ってでも食べたいもんは食べたい。
「えぇ〜もん」は「えぇ〜ん」です。
つまり『オレの1匹』ですな。

「こういう血紅龍が好きやから我慢できひんわ〜」と言うマニア様、
どうぞご相談くださいませ。

本個体、カーニバルまで食べるエサ食い優秀個体。
飼いやすいよ^^。
まだまだごく一部のマニア様にしか本当に赤い血紅龍を飼育されていないのが現状。
現在血紅龍はネット等で数多く回っていますが、
レッドケンの長年の信頼と実績を以ってお届けする血紅龍にどうぞご期待くださいませ。
 満足をお届けいたします 








[14'-33] Level1血紅龍
心に染みる美しさ
25cm前後 
登録票番号 130-007930
京都市 東MAX様 売約済

久々の血が滾る思いがする血紅龍の登場です
目ダレ無し・かみ合わせ良好な完品
その発色の色彩・発色の仕方・鱗の光沢。どれをとっても申し分の無い、
真っ赤になる血紅龍です。
その見解としては重複説明となりますが、
発色している、していないにかかわらず、まず以下の3点が重要なのです。
鱗は、1枚1枚に「鋭さ」が感じられるステンレスのような光沢が大切。
鏡面光沢が理想的である。
体型は、血紅龍本来と言える、やや胴長に感じられ、顔付きに血紅龍の「精悍さ」が滲みでていること。
「パッ」と見たときの第一印象に、色彩・体型共に、
グリーン・バンジャール・紅尾、その他の特徴が感じられないこと。
次に発色した色質・色味、及び発色行程に着目します。
これも3点の重要ポイントがあります。
色質としては、発色した色自体に光沢が感じられないこと。
色味としては、ピンク色を帯びた朱色、もしくは濃い柿色が理想であり、肌色・黄色が感じられないこと。
発色行程としては、鰓蓋の「Aのしわ」を中心に、色が滲み出るように発色すること。
スプレーで遠くから吹きつけた発色でないもの。
以上、最重要ポイントをすべて兼ね備えた、素質として100点満点の血紅龍なのです。
現在も1週間単位でグングン発色中であり、
血紅龍最大の飼育醍醐味、今後の劇的変化をおおいに満喫できるでしょう。

いまいちパッとしない血紅龍オーナーの方。
当社の魚と当社のノウハウで劇的な赤いアロワナのオーナーになってみませんか。

当社にて【Level1】をご確認ください。
 満足のお届けをお約束いたします。





 [14'-32] レッドケン選別Level2血紅龍
18cm前後

登録票番号 140-000928
静岡県マニア様 ご来店売約済 遠いところ誠にありがとうございます

当社が長年かけて培ってきた選別力を以て 
赤くなる大切なポイントをしっかり見極めて全国のマニア様にお届けしております。

20年間の厚い信頼と豊かな実績を誇るLevel2血紅龍です。
あなたの期待に応える赤さをお楽しみいただけます。

販売文句で単に「口が赤いです」「光沢強いです」などは見かけますが、
当社は大切な「赤色の色質の違い」「発色の仕方の違い」「光沢の違い」について言及してまいり、
現在の血紅龍選別ポイント及び赤くする飼育方法を確立してきたのはレッドケンであると自負しております。
本個体もそんな拘りある当社がLevel2として厳選入荷した血紅龍です。
今後の飼育環境次第では思わぬ大当たり、うれしい誤算も期待できます。
さぁ〜!レッドケンの魚とレッドケンのノウハウで赤く変化してゆく様を見届けられる
新しいアロワナライフを始めませんか!
もちろん秘伝のノウハウを伝授いたします^^

当社の【選別力】にご期待ください
満足のお届けをお約束いたします





Level1.5血紅龍♀ 
♀50cm前後 432,000円(税別)
登録票番号 040-009567

2013年8月16日に産卵した素晴らしい血紅龍のペアです。
産卵2日目。2013/8/17
メスは水槽中央でディフェンスポーズを取り、オスはその周りをゆっくりと泳ぎ、
時折卵を口の中で転がしています。

時には2匹ぴったりと寄り添って泳ぎ、メスがオスを守って泳いでいるように見えます。

過去に数回、過背金龍同士のペアによりオスが卵を咥えるまでには至っておりますが
一度として孵化には至っておりません。
しかし特筆すべき点は、今まではどうしてもメスがボロボロになり、
産卵後はセパレーターをしないといけない状況になっておりましたが、
今回のペアはかすり傷ひとつ付けることなく産卵に至り、
その後まだ2日目ですが、見事なディフェンスポーズ&寄り添いで泳ぐ姿。
これほど驚くほど仲の良い2匹は初めて見ました。
しかもこのクオリティーの高い血紅龍のペア!!


産卵3日目。2013/8/18
ペアの行動自体に変化は無し。しかしオスの口の膨らみが急激に小さくなり、
残念ながら卵を食べている模様。まだ口で卵を転がしてはいますが、過去の経験上残念な結末を
迎えることが予想されます・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


非常に厚みのある発色を見せている血紅龍で、赤色の質感は鮮やかな明るい印象を受け、
太巻きな輪郭を形成しております。
もちろんブラック水槽に入れれば”ドス黒い赤色”になるでしょうけれども、
前飼育者様もクリア水槽にガーネットサンドを敷いて飼育されていたので体色の黒ずみは感じられません。
尻ビレ付近の細かいウロコに、かっちりとした厚みのある発色が確認できることからも
ハイグレードな血紅龍であることは一目瞭然です。
目ダレ無し、若干の5mm程度の下あごのズレが確認できます。
環境を整えて飼育を続ければ徐々にその赤さは増してゆくことでしょう。
55cm前後 ♀


フラッシュあり↓

 ♀50cm前後を注文する ● 

上記をクリックしていただくとメール画面になりますので
「郵便番号」「ご住所」「お電話番号」「お名前」「到着ご希望日」を
お知らせ下さいませ。
お振込確認後に、できる限り配達いたします。
発送の場合は死着保証の対象外となります。





[14'-12] 美しいレベル2血紅龍
62cm前後 約5歳魚

登録票番号 100-003853
神戸市マニア様 売約済

当社が長年かけて培ってきた選別力・ノウハウで
全国のマニア様に安心をお届けしております。

ちょっと写真写りのいい魚
決して本個体を貶す意味ではありませんが、写真を撮るとメチャ綺麗写るんです(^。^;)
今までにも写真写りの良いアロワナってのは何度も出会っております。
「写真判定」なんて言葉も身内では流行った事もありました。
しかし実物を見てガッカリするような血紅龍では決してありません。

太くて綺麗な輪郭を持って発色し、均整の取れたプロポーション、目ダレ無し顎ズレ無しの完品状態で、このサイズ!
美しい〜♪と、感じ取って頂ける血紅龍です。
色彩的にはややオレンジ色を感じる印象を持ちますが、出ている色に光沢も少なく今後十分期待します。
そして特筆すべき点は腹部の発色! ぶっとくベットリ来ています。
私はこの部分だけを見て↓缶ビール3本は飲めちゃいますね^^

今後の展望としてはエラぶた全面発色も視野に入っていてますし、
ブラック水槽にて飼育すれば今より数段濃い色彩を見せてくれることでしょう。

価格設定が「高いんじゃね?」と感じるマニア様も多いでしょう・・・。
でも頻繁にどこのお店に行っても見かけることができるグレードじゃありません。
売れないでお店にずっと泳いでいてくれても喜んでいただける美しさだと思ってます。
ぜひ実物をご覧になっていただき、本個体の美しさを感じ取ってください。

えぇ〜もんはえぇ〜値します。
不景気だろうが増税だろうが、それは変わることのない方程式です。
満足のお届けをお約束いたします


フラッシュあり↓




[13'-10] 引き取り血紅龍
50cm前後 ♂ 
ブラック水槽の効能
138,000円(税込み)
長野県マニア様 売約済

黒ずんで赤くなっている様をご覧くださいませ。

平成26年6月以前の販売魚のため登録番号は分かりません

本来ならお買得魚コーナーに掲載する「引き取りお買得魚」なんですが
当店のクリアな環境でストックしている各血紅龍との色彩の違いを感じて頂きたくこちらにアップいたしました。

混泳をされており各ヒレや体に難を見受けるお買得魚ですが、
血紅龍のレベル自体は悪くありません、「上Level2」と言えます。
「結構赤いじゃん」とおっしゃるマニア様もおられるかもしれませんが、
ブラック水槽で赤くなる要素を持ったLevel2血紅龍クラスを飼育しますと、
このように黒くて赤くなりますが、私のよく言う「色の厚み」に関してはやはりLevel1とは比較になりません。
車で言うなら「下り坂で200km出ています」といった感じです。

クリアな環境でのスットク魚とは異なり、
体が黒ずみ、ともすれば汚れている感も否めません。
クリア水槽ではその黒ずみが出にくいため赤くも成りにくいのですが、
ウロコ本来の光沢が楽しめて、魚の美しさといった部分を堪能できます。
これだけ黒ずんできますとそのあたりは確認しずらくなります。

私、個人的にはクリアな環境で本来の美しさを楽しみたい派なので、
店内にブラック水槽は1本のみとなっておりますが、
それはマニア様によって様々な「俺の飼い方」があると思いますので結構なのですが、
ひとつお伝えしたいのは、ブラック水槽に入れていても魚の持つ赤くなるレベルの違いで
黒ずんでゆくスピードにも差があるのです。「黒ずんでゆく=赤くなってゆく」

本血紅龍は約1カ月くらいで驚く「黒さ」と「赤さ」に変貌したわけですが、
入荷直後は「なにこの薄い色の血紅龍!?」と常連様が確認されています。
数匹の下取り血紅龍の中でも「コレは赤くなるのに・・・。」と、思いながら
1800水槽をセパレートして別のお買い得血紅龍と同時にストックを開始して、
約1カ月位でやはり2匹の色彩は大きな異なりを見せました。
もう1匹の血紅龍の色彩はお買得魚コーナーの「下取り血紅龍111」を参照くださいませ。
基本的に赤くなる要素を持った血紅龍はブラック水槽でストックすると
黒くなりやすい傾向にありますのでご確認くださいませ。

本血紅龍は赤くなるのにな。と、判断した理由には、
その魚が持っている「地色」。車で言うなら「馬力」。
発色している色に光沢が無くて、ピンク味を帯びていたり、朱色だったり、
色厚だったり、エラぶたの光沢などを見て判断しております。
入荷直後の画像を撮影するべきだったと反省しています。

アジアアロワナを飼育するに当たり各マニア様におかれまして、
重要視ポイントの順序が様々です。
「目ダレは許せない」「目ダレは気にならないが顎ズレは嫌だ」
「色なんかよりまずはスタイルだ」「B品でもいい!赤くないと意味がない」
多様な要素があるからまたアジアアロワナは飽きないし楽しいんですね。

ちなみに〜、
私は、赤くて輪郭がくっきりしている色厚の血紅龍なら
目ダレや顎ズレはあまり気になりません。。
あまりにも強く完品に拘りを持つのもどうなのかと・・・。

レッドケン長年の経験による眼力はすてたもんじゃありません。

高額な魚は無理だけど、赤い魚は欲しい!とお考えのマニア様には
コチラの血紅龍をお勧めいたします。
♂で、濃い色彩をお約束いたします





ここより下段は過去販売のLevel1血紅龍のピックアップです。
画像もさることながら、
発色開始の仕方の違いなどのコメントも参考にしてください。

他にもLevel1血紅龍や過背金龍の紹介は
アジアアロワナギャラリーにて紹介しておりますのでそちらもご覧下さいませ。
当社の実績を物語るものでもございます。
平成26年6月以前の過去販売魚のため登録票番号は分かりませんので抜いております。 


レッドケン Level1血紅龍
 This is 赤 
60cm前後 
登録票番号 020-008261

 売約済
ディスイズ赤。
遠方から見に来ていただいたマニア様、
頻繁にご来店くださる常連様の誰もが認める赤さを見せていた「This is 赤」は、
熱烈なご要望と愛情深い飼育をお約束してくださることにより、
非売魚としておりましたがお譲りすることにいたしました。
各ブログでも「ほんまに赤い」「マジ赤い」「ヤバイ」等々、
うわさの尽きない本当に赤い血紅龍でした。
血紅龍の魅力を再考させてくれた私個人的にも大きな意義ある魚でもあり、
感謝の気持ちで送り出しました。

血紅龍の赤さとはやはりこんな程度なのか・・・。と、限界を感じておられた某所マニア様がいらっしゃり、
「こんな赤い魚が居るんだ!再びやる気が出てきました!」というマニア様もおられました。
他にも「HPに載ってる血紅龍はどれですか?」とご来店のマニア様が、
一目見た瞬間の「赤っけ」という言葉も忘れられません。
この魚のエピソードは尽きることはありませんが、
数多くの人間に血紅龍の魅力を教えてくれた本当に血が熱くなる魚でした。
またこのような血紅龍に巡り会えることを願いたいと思います。
先方様の許可が出次第、大きな水槽で泳ぐディスイズ血紅龍の雄姿をお届けいたします。
−レッドケン−

1800x900x550スターリング・クリア水槽(背面は白っぽいプラダンをバックスクリーンに使用)にて展示中。
特筆すべき点はなんといってもその色にある。
オレンジ色が濃くなってる色調ではありません。
これが赤やね。と言える色彩で、
オレンジ色を感じないLevel1血紅龍です。
ブラック水槽で赤いのとは馬力が違う。
上り坂で300km/h出てます^〜^
『頑張らなくてもいい魚』

 あえて雑誌には掲載いたしません。 実物を見てください。
取材拒否の血紅龍、実物の赤さに自信あり。


血紅龍マニアの赤さへの追及心は尽きることはない。
子供の頃おもちゃが欲しくて母に買って!買って!と駄々をこねた記憶がございますが、
赤い魚というのはその幼少期の気持ちが再び込み上げてきて、欲しくて欲しくて仕方なくなります。
まさに魔性のような魅力を持ち、見ていてゾクゾクいたします。
是非実物をご覧になって「俺も赤い魚が欲しい〜〜」と感じてください。
眠っていた赤さへの野心が沸々と込み上げてくることでしょう。
エラぶたから尾ビレ付近の鱗まで、ほぼ変わらない赤さが発色しており、
そして、この色がわたしの「This is 赤」です。

この色が血紅龍の色彩においてMAXの赤さと言えます。
これ以上赤いという血紅龍は存在しないといっても過言ではありません。

血紅龍らしい精悍な顔つきの本血紅龍があなたのご来店をお待ち申し上げております。
是非実物の赤さを実感しに来てください。

「雑誌や広告とかでは本当に赤い魚を見かけるけど、
血紅龍の赤さってそんなもんか・・・。」と、
血紅龍の赤さにやや飽きを抱かれていたマニア様が
「ホンマに赤い魚っているんやね」「コレが赤色だよね」「コレなら欲しい」
そんな飼育意欲を掻き立てる奴なんです。

ご来店いただいたマニア様の誰一人として、
「そんなに赤くないやん」「写真と違うやん」と言われません。
必ず「赤っか〜〜(+o+)!」と、おっしゃられます。





[13'-25] Level1血紅龍
『オレの1匹』に。
45cm前後
奄美市マニア様 売約済

綺麗な輪郭を形成する色厚発色する血紅龍です。
このように色厚で綺麗な輪郭の血紅龍は個人的に非常に好きなタイプで、
パッと見て『おっ、きれいやん!』と声がかかります。
この血紅龍は頭部のせり上がり方が大変綺麗で顔つきに精悍さを醸し出しています。
そしてエラぶたも全面発色を見込める速度でどんどん浸食してきていますから今後非常に楽しみな1匹ですね。
第一列目の腹部までもこの若さで発色してきていますので、期待度が益々上がります!
『オレの1匹』に是非ご検討くださいませ。
気になるほどではありませんが、
若干の顎ズレと目ダレを確認しますので価格設定は控えております。
満足のお届けをお約束いたします


フラッシュあり↓




[13'-19] Level1血紅龍
25cm前後
”分厚く発色”
複数のマニア様の熱烈なお問い合わせ誠にありがとうございます。
名古屋市マニア様で売約済となりました。

間違いのない、将来の侍ジャパンの4番バッター登場。
その後はメジャー行きも確定しているでしょう。
素質に恵まれた色素に満ち溢れております。
色厚、色質、光沢、一級品です。
今まで失敗を繰り返されたマニア様に特にお勧めいたします。

特に言葉は必要ないでしょう。
「This is 赤」を狙えます。

 【大満足をお約束いたします】






[14'-11] レベル1血紅龍
25cm前後
山形県マニア様 売約済

当社が長年かけて培ってきた選別力で
全国のマニア様に安心をお届けしております。

これぞレッドケンのレベル1やん!
全国のマニア様から絶大な人気を誇るレッドケンのLevel1(レベルワン)血紅龍。
本個体に特にコメントは必要としないでしょうが、
出ている色に光沢なし、出ている色は濃い柿色、出ている色の厚みも申し分なし、
頭部の濃い緑色も特筆すべき点と言えます。
どうぞ「This is 赤」の色彩を目指し、「This is 血紅龍」の輪郭を手に入れて欲しい。
大きな期待をこめることができるコテコテの1匹!
『オレの1匹』に仕上げてください!
目ダレ無し・顎ずれ無しの完品状態。
満足のお届けをお約束いたします




[13'-09] Level1血紅龍候補
28cm前後
山形県マニア様 売約済
色厚なこってり感を存分に味わってください。 後悔させません。

やはり通常個体とは一線を画する違いを見せるLevel1血紅龍候補となります。
特筆すべきポイントは何と言っても鱗及びエラぶたから発色している色の厚みが分厚い。
スプレーや水彩絵の具で描いたような色厚ではなく、
ペンキでこってりとした感じで発色しているのを確認頂けるのではないかと思います。
血紅龍の赤さにおいて大きくその印象を変えるのがこのポイントです。
ふわっとした鱗の画像も一緒に掲載いたしましたので比較くださいませ。

レッドケン長年の経験による眼力はすてたもんじゃありません。
当社自慢の「This is 赤」または「This is 血紅龍」をお捜しのマニア様、
どうせ飼うならえぇ〜のが欲しいとお考えのマニア様は
コチラの血紅龍となります。
後悔はさせません。
「旨いもんは旨い」「えぇ〜もんは高い」上等の方程式です。
「安かろう悪かろう」当然の結果です。
当社はアロワナの在庫数で勝負はしません。本当にいいものをご提供する、あくまでも質に拘ります。
当社の【選別力】をご信頼ください。
↓ふわっとした発色との比較画像↓
言わなくても分かりますが、左の画像が本血紅龍で右がふわっとした発色の通常血紅龍レベル。

画像処理で色を濃くしたりは出来ても、色の厚みは隠せない。
発色のこってり感に着目くださいませ。
あなたの血紅龍、こってりしてますか?




満足のお届けをお約束いたします

[12'-35] Level1血紅龍
This is 血紅龍 
42cm前後 
港区松岡様
ご来店にて、一目惚れ売約済

当社が誇るLevel1(レベル・ワン)血紅龍の登場です。
平成24年11月9日撮影(フラッシュあり)


以下フラッシュなし


100m 9秒58の世界を味わいたくはありませんか?

俺の1匹を手に入れた至福感を味わいたくありませんか?

時には贅沢してもいいじゃないですか。アロワナが好きなんだから。

 惚れて通えば千里も一里。この血紅龍ならこの価格も苦になりません。
語り継がれるであろう美しい血紅龍の登場です。

特筆すべき点はなんと言っても、
@上質個体特有の鏡面的な光沢に青光する鱗底。
A発色した色が分厚く、造形的な輪郭を持っている事があげられます。
色厚(いろあつ)が良く分かるように水槽側面から撮影した画像を数点掲載いたしました。
水で薄めすぎた水性絵の具でサッと塗られた感を持つ通常個体とは明らかに異なり、
ペンキで鱗を書いたかのような厚みのある発色をご確認できるかと思います。
その色厚の発色に加えて鱗底の青光りした美しい鏡面光沢が相まって、
素晴らしい血紅龍。まさに「俺の1匹」に相応しい奴だと感じていただける事でしょう。
また血紅龍の基本となる胴長な体型もオールドマニアにはたまりません。
この綺麗な輪郭を保ちながら、私の言う「This is 血紅龍」へと成長を遂げることでしょう。
現在1800x600x600スターリング水槽、ガーネットサンドを敷いた底面のみブラックのクリア水槽にて飼育中。
当社は「頑張らなくてもいい魚」は白っぽいバックスクリーンのクリア水槽にてストックしておりますので
安心して本来の素質を感じ取れます。ブラック水槽にて無理から発色を促しておりません。
つまり馬力の違いをご確認いただけます。

「安物買いの銭失い」「安かろう悪かろう」では困ります。
「旨いもんは旨い」「やっぱりえぇ〜もんは高いな〜」
いつの時代も変わることのない「上等の方程式」です。




[12'-16] Level1血紅龍 
 This is 血紅龍 
50cm前後 
980,000円(税込み) 
大阪市マニア様 売約済

オールドマニアが血紅龍を語る上で欠かせなかった本がある。
伝説の古いアロワナ雑誌、中国語で書かれている「龍魚世界」&「龍魚世界U」この2冊がある。
その本の「龍魚世界U」の8〜9ページの見開きにガラス水槽にて飼育されている血紅龍が掲載されているが、
この血紅龍こそが、わたしの心を一番奮わせる魚なのである。
オールドマニアの方ならご存知の方も多いはずである。
絵に書いたような美しい輪郭。発色した色と鱗底とのキワの良さ。
本当に素晴らしい血紅龍である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「激安ですよ!」「大特価ですよ!」「デカイですよ!」「早い者勝ちだよ!」
スーパーか八百屋さんで使われるような言葉を
アロワナを扱うショップで近年よく見かけるのですが、
そんなにアロワナが好きじゃないのかな?
数を捌きたいのか、単に売りたいだけなのかな?
無性にアロワナに愛を感じない販売店をネットで見ていて感じます。
型枠で作られる大量生産の商品かのように・・・。
アジアアロワナは奥深い魅力を秘めた熱帯魚。
わたしはその大切にしたい気持ちゆえからアロワナ専用水槽「ターリング」も発案いたしました。
きっと『オレの1匹』に出会った時、そんな気持ちになるんじゃないかな・・・。


さて、今回紹介する血紅龍。
わたしが愛してやまない「龍魚世界U」の血紅龍には及びはしないものの、
そのニュアンスを十分に楽しませてくれる素質を持った素晴らしい血紅龍であることに違いない。
発色している色質・元色・輪郭とそのキワの良さ。
毎日「えぇ〜わぁ。」「かっこえぇ〜。」「たまらん。」と、眺めております。
みなさまもそんな心から惚れこめる『オレの1匹』に出会ってください。
また『オレの1匹』に出会った時の喜びを皆様にご提供できるよう当社も頑張ります。

現在は1200x750x500のオールクリアのスターリングにブラックカーボンサンドを敷いて飼育中です。
バックスクリーンも白色にして体の黒化を出さないようにしています。
下の紹介画像はフラッシュ有りと無しで撮影しているのですが、
極上の血紅龍が持つ鱗の光沢を本血紅龍はしっかり持っていますので、
フラッシュによる横からの光で写すとこのようになります。
水中蛍光灯を入れると同じように見ることが出来ますが今回は水中灯は入れていません。
本血紅龍が極上であると言える要素が体中から滲み出ており、
わたしの「This is 血紅龍」です。



↓こちらがフラッシュなしでの画像になります。↓





[12'-11] Level1血紅龍 
赤くなる素質を持って生まれた魚
頑張らなくてもいい魚 
35cm前後 600,000円
奈良市マニア様 売約済

文句なくLevel1血紅龍です。
現在店内の1200ガラス水槽で背面はブルーのバックスクリーンで、
底砂にはブラックカーボンサンドを敷いて飼育中。
ブラック水槽は使用しておりません。
Level1は多少色抜けが起きても
赤くなる最大の要素である「元色(もといろ)」が異なります。
色質としてはまず発色している色自体に光沢が感じられないこと。
色味としてはピンク色を帯びた朱色、
もしくは濃い柿色が理想であり、肌色・黄色が感じられないこと。
当社絶対の自信を持ってお届けするLevel1血紅龍です。

※努力に努力を重ね、頑張り続けても100mを10秒切れない日本人。
 生まれ持った素質だけで9秒台を出してしまう外国選手。
この血紅龍、頑張らなくてもえぇ〜色してます。
満足のお届けをお約束いたします
フラッシュあり↓
フラッシュありの撮影では鱗底の光沢が非常に目立ちます。
実際その光沢はあるのですが水中灯を入れてないので実際に見える感じは
フラッシュなしの方がリアルです。



フラッシュなし↓




[10'-09] Level1血紅龍 
25cm前後 550,000円(税込み) 

山口県マニア様 即日売約済

当社が誇るLevel1(レベル・ワン)血紅龍の登場です。
シッカリと発色しているのでフラッシュ点灯で撮影しています。
久々のLevel1血紅龍です。
その発色の色彩・発色の仕方・鱗の光沢。どれをとっても申し分の無い、
真っ赤になる血紅龍です。
その見解としては重複説明となりますが、
発色している、していないにかかわらず、まず以下の3点が重要なのです。
鱗は、1枚1枚に「鋭さ」が感じられるステンレスのような光沢が大切。
鏡面光沢が理想的である。
体型は、血紅龍本来と言える、やや胴長に感じられ、顔付きに血紅龍の「精悍さ」が滲みでていること。
「パッ」と見たときの第一印象に、色彩・体型共に、
グリーン・バンジャール・紅尾、その他の特徴が感じられないこと。
次に発色した色質・色味、及び発色行程に着目します。
これも3点の重要ポイントがあります。
色質としては、発色した色自体に光沢が感じられないこと。
色味としては、ピンク色を帯びた朱色、もしくは濃い柿色が理想であり、肌色・黄色が感じられないこと。
発色行程としては、鰓蓋の「Aのしわ」を中心に、色が滲み出るように発色すること。
スプレーで遠くから吹きつけた発色でないもの。
以上、最重要ポイントをすべて兼ね備えた、素質として100点満点の血紅龍なのです。
現在も1週間単位でグングン発色中であり、
血紅龍最大の飼育醍醐味、今後の劇的変化をおおいに満喫できるでしょう。

いまいちパッとしない血紅龍オーナーの方。
当社の魚と当社のノウハウで劇的な赤いアロワナのオーナーになってみませんか。

当社にて【Level1】をご確認ください。
満足のお届けをお約束いたします。
大変申し訳ございませんが値引き交渉不可の個体となっております。
何卒ご了承下さいませm(__)m

真っ赤な『オレの1匹』
今後の成長予想個体はこのページの下の方に掲載しています
[58]Level1血紅龍を参照くださいませ







[07'-33]
『オレの1匹』 Level1血紅龍
22cm前後 
550,000円(税込み) 
京都市S様 即日売約済

10月20日画像


10月30日画像

渾身の発色の仕方!発色した色! 
真っ赤になる血紅龍!! 
10日ほど前にアップした血紅龍ですが、もう間違いのない!Level1血紅龍です
分かりやすいように「←矢印」を書いたウロコのアップ写真に注目してください。
通常レベルでは発色が始まる直前はピンク系などの薄い色で
「あっ、そそろそ色が出てくるぞっ!」と気付く、うっすらとしたラインと言ったらいいのか、
なんとなく「ボワんっ」とその周辺がうっすらと色づくのが普通です。
(レベルの低い血紅龍になるとグリーン色に見えたりする場合もあります)
その後、「滲み出る出方」「スプレーで吹いたような出方」と別れてくるのですが、
これはいままでに経験した者にしか分からない話でしょうが、
↓重要↓
極端に赤くなる血紅龍は
洗車したてのピカピカボディーに何の連絡もなく、
いきなり工事現場から赤いペンキが落ちてきたぁ〜。みたいに
予告なくして「プチッ」と出てきます
コレが!決して間違いのない!!
必ず赤くなる血紅龍の最大の特徴です!!!
そして、既に赤い!!
色の出方の違いをご覧ください

右側が通常、良いとしているレベル2個体の色の出方。
レベルの低い血紅龍は右側のように発色を開始せず、スプレーを吹いたような出方をします。
右側画像の@は色の出きったウロコ。Aが本文で話した色の出る寸前
違いが良く分かるのでは?

極端に赤い血紅龍をお探しのマニア様、どうぞご検討下さいませ
REDCEN渾身の1匹です!!
【お願い】
この血紅龍は次期当店看板魚候補として店内で育成・展示していきますので、
どなた様に限らず、値引きは致しておりませんので何卒宜しくお願い致します



 [58] Level1 血紅龍 
 約28cm 1歳魚 
 800,000円(税込み)

 群馬県マニア様 売約済 






 特に言葉はいらないでしょう 
マニアが血紅龍を飼育するにあたって、頭で描いている理想の血紅龍はコレでしょ!!
「絵に書いたような美しい輪郭」「鏡のような青みの強い鱗底の光沢」
長年アロワナを見てきていますが、ドキドキします
アロワニストの血が騒ぐ血紅龍!! Level1に恥じない『オレの1匹』と言えます



 [61] Level1 血紅龍  
 24cm   
 ¥800,000(税込み)

 東京都□○様 売約済

完璧・完品・理想的 血紅龍  若魚
 大興奮!!
当社血紅龍 最高級グレード 【 レベル 1 】
ドリーK氏 育成中 完品 血紅龍 【初登場・限定1匹】

当社とドリーK氏との付き合いは今年で約15年に及び、過去、様々なアロワナ談義をしてまいりました。
中でも血紅龍の発色行程について10数年前の当時は全国的に全くの未知なる世界で、
ムチャクチャな下馬評でさえ、「ふぅ〜ん、そうかもしれんなぁ・・??」と、
一般プロショップにも受け入れられる時代でもありました
(将来赤くなる、という意味で)。
例えば、「ヒゲが赤いのは当然、唇も赤くなくては将来性はうすい」
「腹ビレ・胸鰭の一番太い条が均一に赤いのが良い」
「タイガーパターン={当社命名}は条に直角に入らなあかんねん」・・・etcはまだ‘まし’なものの、
中には「側線の黒味が際立っているものがイイ」
全体的に「ボワーンと白い個体が大化けする可能性が最も高い」
「ウロコに赤いシミが多いのんが良い」とか、
今なっては、笑える話で、オールドマニアには懐かしい1コマでしょう。
しかしそんな時代の中、当社は全国的にもいち早く「赤くなる素質」を見抜き、
その確証を得ていました。

当社からの発信がきっかけとなり 今となっては、ずいぶん浸透してきた内容ですが ここでもう一度簡単におさらいしておきます。
未だにトンチンカンな お店もあるようですがね・・・

最も赤くなる血紅龍を幼魚期に見分けるポイントは
発色している、していないにかかわらず、まず以下の3点が重要です。
鱗は、1枚1枚に「鋭さ」が感じられるステンレスのような光沢が大切。
鏡面光沢が理想的である。
体型は、血紅龍本来と言える、やや胴長に感じられ、顔付きに血紅龍の「精悍さ」が滲みでていること。
「パッ」と見たときの第一印象に、色彩・体型共に、
グリーン・バンジャール・紅尾、その他の特徴が感じられないこと。
次に発色した色質・色味、及び発色行程に着目します。
これも3点の重要ポイントがあります。
色質としては、発色した色自体に光沢が感じられないこと。
色味としては、ピンク色を帯びた朱色、もしくは濃い柿色が理想であり、肌色・黄色が感じられないこと。
発色行程としては、鰓蓋の「Aのしわ」を中心に、色が滲み出るように発色すること。
スプレーで遠くから吹きつけた発色でないもの。
以上、最重要6ポイントをすべて兼ね備えた、素質として100点満点なのがこのアロワナであり、
しかも今回入荷のこの個体については欠点の見当たらない完品個体!!
目たれ・アゴずれ・エラめくれ・ウロコの配列乱れ、及びギザギザ欠け・尾っぽ噛み
肥満・ヒネ・ヒゲ割れ、ヒゲコブ・・・・etc といった、キーパーをイライラさせる要素の全く見当たらない
完璧血紅龍なのです。現在、個体を見れば分かるとおり、
1週間単位でグングン発色中であり、これから毎月の劇的変化が満喫できるでしょう。
あらゆる妥協をゆるさない、完璧主義のスーパーマニア様へ!!
貴方の自慢のリビングに相応しい血紅龍はコレしかない!!!
年末には全身ビカビカ&輪郭グリグリが約束された、
来年につながるこの血紅龍でよいお正月をお迎えください。
インドネシア産です。

写真は6月24日、ドリーK宅にて撮影。どのカットもご覧の通りどれもビカビカ!グリグリ!
何枚撮ってもこのように写ってしまう個体ってなかなかお目にかかれませんしねぇ〜。

この血紅龍は次期当店看板魚候補として店内で育成・展示していきますので、
値引きは致しません。あしからず。m(__)m

 



[13]  Level1 血紅龍 
50cm  約3歳半魚 
¥1,800,000(税込み)

東京都 □○様 売約済




飴色に輝く美しい鱗底に綺麗なリンカクを持っての発色はお見事!
さらに、発色しているリンカクは厚みを持っており今後の凄まじい赤さを予感させます
年齢も2歳弱でこのサイズであり血紅龍の1番人気である条件を満たしています
血紅龍の真の美しさを味わいたいならコイツで決まり!!




おおきに。よそさんに負けへん選りすぐりやさかい安心してご注文下はい

アロワナの発送は銀行振り込み確認後の発送となります。



TOPページに戻る